【訃報】あいはらひろゆきの死亡理由は突然死?病気の有無や死の直前の様子を調査

人気絵本作家あいはらひろゆきさんが、2022年6月27日に東京都内の病院で亡くなっていたことがわかりました。

60歳でした。

死因などは現在明らかになっていませんが、突然死である可能性もありそうです。

当記事では、あいはらひろゆきさんが亡くなった理由などについて調査しました。

目次

【訃報】あいはらひろゆきの死亡理由は突然死?

あいはらひろゆきさんの死因が何だったのか調査しましたが、2022年7月15日現在は公表されていませんでした。

しかし、あいはらさんが亡くなる3日前である6月24日には、あいはらさん本人が下記のようなTweetをしています。

また、あいはらさんと交流があった方のTweetでは、あいはらさんの死を「急逝」と表現しています。

これらのことからの推測ですが、あいはらひろゆきさんがお亡くなりになった理由は突然死だったのではないかと考えられます。

上記のように「近々会えるかなと思っていたところでした」とTweetしている知人の方もいたため、闘病していたとも考えにくそうです。

ネットの反応

Twitter上でもあいはら先生の死を悲しむ声が多く聞かれました。

あいはらひろゆきの病気の有無や死の直前の様子を調査

あいはらひろゆきさんが死につながるような病気を患っていたのか調査しましたが、詳しい情報は見つかりませんでした。

新しい情報がわかりしだい、お伝えします。

あいはらさんは亡くなった月である6月中にも通常通りにTwitterを更新しています。

花などの写真とともにTweetをされていることが多く、癒される内容が多くありました。

仮に体の調子が悪かったとしても、散策して写真をとるような元気はあったことがわかります

死の直前の様子についても、詳しい情報が分かり次第追記していきます。

まとめ

子供から大人までファンが多い絵本作家であるあいはらひろゆきさんの突然の訃報に驚かれた方も多かったようです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

目次
閉じる