北海道ゴーカート事故が11歳女児は罪に問われる?親が損害賠償を請求される可能性も調査!

2022年9月18日、北海道森町のグリーンピア大沼のイベント会場にて、11歳の女の子が運転するゴーカートが観客の列に突っ込みました。

この事故で2歳の吉田成那(よしだせな)ちゃんが亡くなっています。

11歳の少女は40kmのスピードで走行していてパニック状態になり、正しく止まることができませんでした。

当記事では、ゴーカートの事故により11歳女児が罪に問われることがあるのかに加え、親が責任を取る場合の損害賠償について調査しました。

目次

北海道ゴーカート事故の11歳女児は罪に問われる?

北海道ゴーカート事故で運転していた11歳の女の子は、原則として成人のように刑罰を受けることがないと考えられます。

11歳は未成年であり、少年法の適用を受けるためです。

似た例)未成年者が無免許運転をして事故を起こしてしまった場合:
少年法の適用を受け、原則として成人のように刑罰を受けることはない

また、おおむね12〜13歳以下の子供責任能力がないと判断されるため、基本的に損害賠償責任を負うこともないと考えられています。

総合的に考えたときに、現時点では11歳の女児が何らかの責任を負う可能性は低いでしょう。

北海道ゴーカート事故の会場詳細や被害者である吉田成那(よしだせな)ちゃんについては上記記事で詳しく紹介しています。

合わせてチェックしてみてください。

11歳女児の顔や名前は?

ゴーカートを運転していた11歳の女の子は未成年のため、顔や名前は公開されていません。

今後も公開される可能性は低いでしょう。

北海道ゴーカート事故で親が損害賠償を請求される可能性も調査!

11歳の女の子が刑事責任や民事責任を負うことがない場合でも、女の子の親が責任を負う可能性はあるのでしょうか?

https://twitter.com/Couleur_E/status/1571965350203527170?s=20&t=ugbn02BzV1h1OIZp0Y3E-Q

例えば、ゴーカートに子供を乗せるまえに「誓約書」にサインしていた場合、内容によっては親が責任をとる可能性があるのかもしれません。

例)誓約書内容が下記のような場合
・事故を起こした場合、事故に起因する一切の損害を賠償する
・他の走行車との接触事故等に起因した場合も走行車間で解決し賠償する
・走行に関連した衣服等の汚損・破損、また事故による死亡・負傷等、私自身の受ける損害について、主催者(係員・アルバイトを含む)または、他の走行者に対して避難したり、損害賠償を請求したり、その他責任を追及することは一切しない

ただし、今回の事故は運営側の体制の問題点も指摘されています。

・11歳の子供を時速40km以上スピードが出る車体に乗せている
・レース会場はカラーコーンを置いただけの簡易的な設備
・運転時の厳しい制限なし(身長制限のみ)

運営側に責任があるとすると、仮に上記のような誓約書に親がサインをしていた場合でも、誓約書が法的に機能しない可能性も考えられるでしょう。

主催者については上記の記事でも詳しくご紹介しています。

あわせてチェックしてみてください。

Twitterのみんなの声

この事件に関するTwitterの声を集めました。

11歳の女の子を責める声よりも、運営側の責任を問う声が多いですね。

今後の事件の展開も引き続き追っていきます。

まとめ

北海道で起きたゴーカートの事故についてご紹介しました。

11歳の女の子とその親が今後どうなるのかも引き続き調査していきます。

目次
閉じる