須江航の経歴・学歴まとめ!プロ野球選手を育成した指導方法や性格が衝撃的!

仙台育英高校野球部の監督である須江航(すえわたる)さんは、小学生の頃から野球一筋で頑張ってきた経歴の持ち主。

監督して活躍する前は、選手やコーチとして活躍していました。

監督としてのキャリアを積んで成功された須江航さんの経歴や学歴は一体どのようなものなのでしょうか?

当記事では、須江航さんの経歴や学歴、プロフィールに加え、指導方法や性格などはにも迫りました。

目次

須江航の経歴・学歴まとめ!

現在は仙台育英高校野球部の監督を務める須江航さんのプロフィールは次のとおりです。

名前須江 航(すえ わたる)
生年月日1983年4月9日
年齢39歳(2022年9月現在)
出身埼玉県浦和市(現在はさいたま市)
身長・体重168cm /65kg
投打右投げ右打ち
学歴鳩山町立鳩山中学校(埼玉県)
仙台育英高校(宮城県)
八戸学院大学(青森県)
肩書き情報科教諭
職歴2006年4月〜 秀光中等教育学校 野球部監督(仙台育英高校系列の中学校)
2018年1月〜 仙台育英高校 野球部監督

須江航さんは埼玉県出身

年齢は2022年9月現在で39歳です。

須江航の小学校〜高校時代

須江航さんは、小学校2年生の頃から野球を始めました。

埼玉県にある鳩山中学校卒業後は単身で宮城県に。

野球の名門である宮城県・仙台育英高校に進学し、野球部にて練習に打ち込みました。

しかし、高校時代の野球部は周囲もレベルが高く、努力を重ねても思うように成績が上がらず、挫折を経験した須江航さん。

高校時代には1試合にも出場しませんでした。

そんなとき須江さんのリーダーシップが評価され、高2の秋から学生コーチを務めるように。

後に指導者を目指すきっかけになりました。

高校3年生の春には春夏連続で甲子園大会の記録員としてベンチ入りし、仙台育英高校野球部を準優勝へと導きます。

須江航の大学〜社会人時代

須江航さんは高校卒業後、八戸学院大学へ進学。

大学生時代も4年間学生コーチとして活躍しました。

大学卒業後は情報科教諭となり、2006年4月に仙台育英高校の系列校である秀光中等教育学校に就任しています。

秀光中等教育学校での活躍

須江航さんは秀光中等教育学校軟式野球部の監督に就任します。

当時の秀光中等教育学校の野球部は弱小チーム。

須江航さんは、野球経験がほぼない子供に対し「どんな指導が良いか」を徹底的に探り、野球の楽しさを教える方法を探したり、データ分析に取り組んだりしました。

結果、須江航さんが監督となった5年後に、秀光中等教育学校の軟式野球部は全国大会に出場するほど強いチームになりました。

西巻賢二選手

また2014年には、西巻賢二選手(現在は千葉ロッテに在籍)を擁したチームが全国中学校軟式野球大会で優勝しています。

仙台育英高校での活躍

2018年1月1日、須江航さんは仙台育英高校野球部監督に就任しました。

2017年12月に仙台育英高校の野球部員が飲酒・喫煙したことがわかり、前監督(佐々木順一朗さん)が引責辞任したためです。

須江航さんは後任の監督となりました。

須江さんが仙台育英高校野球部の監督に就任後、半年間は対外試合禁止。

しかし、2018年の夏季に宮城大会を制し、監督として初の甲子園出場を果たしました。

さらに、2022年8月22日には甲子園大会(全国高等学校野球選手権大会)仙台育英高校優勝に導き、東北としても悲願であった全国制覇を達成しました。

上記の動画は、須江監督による感動的で胸が熱くなる甲子園での優勝インタビューです。

「宮城の皆さん、東北の皆さん、おめでとうございます!」という第一声に、須江航さんの人柄の良さも感じられます。

須江航がプロ野球選手を育成した指導方法や性格が衝撃的!

須江航さんは、野球部監督人生のなかでプロ野球選手も育成してきました。

須江航さんが指導した野球部からは、

◯秀光中等教育学校時代
・梅津晃大投手(中日ドラゴンズ)
・西巻賢二選手(千葉ロッテマリーンズ)
・佐藤世那投手(元オリックス)

◯仙台育英高校時代
・入江大樹選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)

といった選手がプロ野球選手として活躍しています。

須江航さんが野球選手を多数輩出している指導方法はどのようなものなのでしょうか?

須江航の指導方法

須江航さんは、

野球は献身が必要なスポーツ

であると説明しています。

献身とは、身をささげることです。

野球に集中し、身をささげる覚悟で努力をすることが必要だということを教えています。

野球は献身が必要なスポーツだと思っています。そしてやり切る力が何事にも必要だということで、『99は0』だという厳しい言い方もしてきました。それは勉強に対しても同じで、やると決めたラインまでしっかりやりきろうと

また、やり切る力が何事にも必要だと説明し、野球でも勉強でも、やると決めたら必要なところまではしっかりやり切ろうと指導しています。

指導方法のテーマは「走姿顕心」

須江航さんの指導方法のテーマに「走姿顕心」という言葉を掲げ、規律とデータに重んじた指導をしています。

走姿顕心(そうしけんしん)とは、走る姿にその人の心があらわれるという意味です。

データを重んじた指導では、選手たちのプレーに関するデータを共有し、現状を1人ひとりに説明後に目標設定がされます。

さらに、須江航さんは選手にアドバイスを押し付けるのではなく、必ず選手本人にプレーのことを考えさせて実践させるようです。

須江航の性格は神がかっている!

須江航さんは人格者であり、選手やファンからの信頼が厚い人物です。

主将である佐藤悠斗選手からも「人として尊敬できる」と言われていました。

須江航さんの話し方や人との接し方、選手との関わりなどから

・相手に敬意を持っている
・人に対して接し方が丁寧
・相手への気遣いや褒めが徹底されている

といったことがわかります。

指導者としての姿勢も評価されている須江航さん。

人格が優れているからこそ、成されている結果だとの言えそうです。

須江航の家族

須江航さんは4人家族です。

父(夫):須江航さん
母(妻):須江絵菜(えな)さん
長男:須江明日真(あすま)くん(8歳:2022年9月現在)
長女:須江恵玲奈(えれな)ちゃん(5歳:2022年9月現在)

妻である絵菜さんは音楽教師をされていた美人な方です。

須江航さんの仕事を献身的に支えています。

須江航さんの奥さんについては上記の記事で詳しくご紹介しています。

また、2人のお子さんもとても可愛く、メディアでも大人気。

恵玲奈ちゃんと明日真くん

須江航さんは、娘と息子にとても優しいパパです。

日々忙しく過ごされている須江さんですが、イベントごとだけは絶対に欠かさずに行い、家族の時間を大切にしています。

クリスマスにはサンタのコスプレをしたり、家族の誕生日には必ず一緒にケーキを食べてお祝いをしたりするそうです。

須江航さんの子供たちについては、上記の記事で詳しくご紹介しています。

家族にも選手たちにも愛されている須江航さん。

とても素敵な人柄であることがわかりますね!

まとめ

仙台育英高校野球部で活躍する須江航さんの経歴や学歴などについてご紹介しました。

人格的に優れており、野球監督としても一流である須江監督。

これからの活躍も楽しみですね!

目次
閉じる