ティファニー・ゴドイの経歴がヤバい!結婚や子供・年収についても調査!

2022年1月にVOGUE JAPANの編集長に就任したティファニー・ゴドイさん。

大の親日家として知られており、日本でのファッション誌編集者としてのキャリアが長い人物です。

そんなティファニー・ゴドイさんの経歴はどのようなものなのでしょうか?

当記事では、ティファニー・ゴドイさんの経歴に加え、結婚や子供、年収についても調査しました。

目次

ティファニー・ゴドイの経歴がヤバい!

名前:ティファニー・ゴドイ
生年月日:1974年
年齢:48歳(2022年9月現在)
出身:アメリカ・ロサンゼルス
学歴:大卒(大学名は不明)
肩書:VOGUE JAPAN編集長(ヘッド・オブ・エディ+リアル・コンテント)

ティファニー・ゴドイさんは、アメリカ西海岸に位置するロサンゼルス出身。

2022年現在は48歳です。

大学時代に出会った日本のファッションに一目惚れしたことをきっかけで日本に興味を持つように。

大学を卒業をした1997年に来日し、日本で社会人生活をスタートしました。

ティファニー・ゴドイは日本でファッション誌の編集者として活躍

ティファニー・ゴドイさんは日本を拠点に活動し、ファッション誌の編集者としてのキャリアを積んできました。

1997年以降の日本での活躍は次のとおりです。

1997年〜
・菅村雅信さんが手掛けるインディペンデント誌「コンポジット(Composite)」の雑誌エディターを2〜3年務める
・カルチャー誌「スタジオボイス(Studio Voice)」のファッション担当に就任
・NHKのファッション番組「トウキョウ・ファッション・エクスプレス」のナビゲーターを担当
2000年代
・原宿ストリート文化などを記録した「Tokyo Street Style:Fashion in Harajuku(2008年)」などの書籍も出版

ティファニー・ゴドイさんのファンション誌編集者としてのキャリアは、インディペンデント誌「コンポジット(Composite)」からスタート。

雑誌編集者として活躍後にフリーランスになり、2000年代には東京を拠点に幅広く活動しました。

2010年にはアートディレクターである米津智之さんと共同で雑誌「ザ・リアリティ・ショー(The Reality Show)」を立ち上げ。

編集長を務め、雑誌や動画にてファッションについて発信していました。

ティファニー・ゴドイがVOGUE JAPANの編集長に就任

1997年に来日後、2010年頃まで日本で活動していたティファニー・ゴドイさん。

2011年からは渡欧し、パリで活動を始めました。

しかし、2021年にVOGUE JAPANの編集長であった渡辺三津子さんが退任。

渡辺三津子さん

ティファニー・ゴドイさんが後を引き継ぎ、2022年正月にVOGUE JAPANの編集長に相当する「ヘッド・オブ・エディ+リアル・コンテント」に就任しました。

ティファニー・ゴドイさんはファッション誌編集のプロであるうえに大の親日家です。

VOGUE JAPANの編集長に抜擢されことに納得です。

ティファニー・ゴドイの結婚や子供・年収についても調査!

ティファニー・ゴドイさんは私生活では結婚しているのでしょうか?

調査したところ、結婚や子供については情報ありませんでした。

結婚をしていない可能性もあるかもしれませんね。

引き続き調査を行い、新たな情報が入り次第お届けします。

ティファニー・ゴドイの年収は億超えの可能性がある?

ティファニー・ゴドイさんの年収は、明らかになっていませんでした。

しかし、VOGUEの編集長の年収は億超えという噂があります。

実際に、VOGUEアメリカ版編集長を務めるアナ・ウィンターさんの推定年収は200万ドル(約2億2,000万円)と言われています。

アナ・ウィンターさん

これを考えるとティファニー・ゴドイさんの年収は少なくても数千万円であり、億超えである可能性もありそうですね。

まとめ

ティファニー・ゴドイさんの経歴や結婚、年収などについてご紹介しました。

ティファニーさんご自身がとても洗練されており、つい目を奪われてしまうような魅力がある方ですね。

これからもティファニー・ゴドイさんを応援していきましょう!

目次
閉じる